追突事故の過失割合に関するご相談はこちらの弁護士をお勧めいたします。